NPO法人侍にゃぱんとは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

北海道札幌市で、猫の保護活動に取り組んでいるNPO法人です。

札幌市北区篠路に保護シェルター、白石区に保護猫カフェを構え、
行政に収容されている猫、野良猫、飼い主のいない猫を引き取り、
怪我や病気の治療、去勢・避妊手術やワクチン接種を実施し
里親探し、譲渡をしています。

profu

イオン元町店で、黄色いレシートキャンペーン活動をするスタッフ達

・猫の里親探し、保護、引き取り。
・猫や小動物を家族として終生一緒に過ごしていくという意識の啓発活動。
・殺処分0を目指して不幸な命を増やさないようTNRや地域猫推進・飼育保護活動。
・高齢化社会、地域やつながりの希薄化、核家族問題などで起きている飼育困難、
多頭飼育崩壊などを防ぐ事、行き場を失った猫たちの保護や飼育環境の構築。
・菜園荒らし被害、鳴き声、悪臭などの猫や小動物による諸問題への取り組み。

・写真で保護猫の現状や存在の周知、家族に迎え入れるという選択肢を広める活動。
・音楽を通して保護猫達の存在の周知、そして家族に迎え入れるという選択肢を広める活動。
・イラストを通して保護猫達の存在の周知、家族に迎え入れるという選択肢を広める活動。

様々な活動を通して保護猫を 新たな家族として迎え入れるという選択肢を社会に
広め、知って頂くとともに、猫を家族の一員として 終生飼育していくという意識の啓発活動と
増加の一途をたどる一人暮らしの高齢者や病気の為一人では飼育困難な状況に
なってしまった場合など、協力しあい飼育していける環境やシステム構築活動をしております。

dsc_2149

2016年 白石区にある保護猫カフェに、由仁中学校の生徒さんたちを迎えて生涯学習をしました。

また、進む少子高齢化・核家族などの社会問題に、猫の里親探し・保護などの活動を
通じて、猫や小動物などの小さないのちを大切にする事で育まれる
思いやりや考える力を養い、猫が居ることによって生み出されるプラスの循環を創り出す
ことに取り組んでいます。

猫=動物  里親さん飼い主さん=
行政、動物病院、飼育用品販売店やトリミング・ケア店など=町・地域

これらの間をより良く繋いでいくのが私達、侍にゃぱんの「ミッション」です。

猫、動物たちは大切な家族です。

DSC03789-1024x683_2

多頭飼育崩壊現場からのレスキュー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

札幌市北区篠路 猫カフェ型開放シェルター。行政や民間から引き取った保護猫達が過ごしています。

DSC06296

2017年2月 譲渡会

DSC06672

2017年3月 チカホにてパネル写真展の準備をするスタッフ達

 shinoro

役員 / 構成

理事長 齋藤歌奈子  ・平成27,28年度札幌市動物愛護推進員
理事 新谷千穂実 ・事務局長
理事 菊地賢治    ・東北被災地区担当
監事 太田亜矢香
推進長 小松明日香 ・事務局/広報/札幌地区推進長
推進員 林希          ・関東地区推進長
推進員 今井千亜紀
推進員 永井可奈子
準顧問 吉田隆一 ・行政書士 さくらんぼ行政書士事務所
準顧問 赤塚明美 ・行政書士 赤塚明美行政書士事務所

※ 非通知設定の方は非通知解除の上おかけ下さい。
※ 終生飼育型シェルターでは、高齢や病気の為新たな家族が見つからない保護猫を
終生飼育しています。

少人数で現場のケアや対応にあたっておりますため、代表番号・携帯番号共に出れない場合が
御座いますが、留守番電話にお名前とメッセージを残して下さい。
折り返しお電話致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする