猫の引きとりに関して

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

当法人では、主に行政に収容されている殺処分の可能性がある猫の引き取りをしていますが、
近年増加傾向にある飼い主さまの病気や高齢化、入院、死亡など特別な諸事情などを考慮し、
一般からの引き取り業務も行っております。

諸事情で飼育できなくなった猫を引き取り、新たな飼い主さん探し又はシェルターで終生飼育します。

保護猫カフェ運営事業も行っている為、高い譲渡率を誇っていますが、
高齢や疾患などで新たな飼い主が見つかりにくい場合でも、シェルターで終生過ごす事が出来ます。

dsc04566

引き取り後は、各種検査・ワクチン・医療ケアが必要な場合は処置を施し、
環境に慣れるまでは非公開シェルターで落ち着いて過ごせるように配慮します。

非公開シェルターで過ごしている期間に、感染症の有無、体調や性格などの適正を見ます。
人懐っこい、他猫と遊びたがる猫は、開放シェルターや猫cafeで人や猫に囲まれて過ごします。

他猫と過ごす事を好まなかったり、人が苦手だったりする猫は、非公開シェルターで過ごします。

引き取り後は、里親さん決定まで猫の様子や状態をお問い合わせいただくこともできます。
終生飼育で引き取った猫や里親決定前は、施設開放日、cafeにいる猫は営業時間内で
面会可能です。

引き取り・費用に関してご相談、ご連絡は 下のメールフォーム又は080-3213-0132 までお願いします。

※スペースには限りがあります。
※無料での引き取りは行っていません。医療費・飼育費用が掛かります。

空きがない場合はお受け出来無かったり、空きが出来るまで
お待ちいただく場合があります。

お名前 フルネーム(必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

住所(相談者の住所を記入して下さい)

住所(猫が居る場所(相談者の住所と同じ場合は未記入))

猫の数

猫の年齢

オス・メス

猫の種類(雑種or純血種の場合はその種類)

避妊・去勢

エイズ・白血病
 共に陰性 共に陽性 エイズ陽性/白血病陰性 白血病陽性/エイズ陰性

持病

持病有りを選択した場合は下記に疾患内容をご記入下さい

猫の写真(柄や色が解る近影を最低1枚は添付して下さい。)

引き取り希望の経緯

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする