猫sun cafe とは?

動物管理センターに収容されていた猫や飼い主の急病などで飼育困難な状況から
引き取った保護猫たちがスタッフです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年1月 管理センターに収容されていた時の「かぼす」。本来、人気種No.1のスコティッシュフォールド。真冬の1月に迷子収容された上、迷子期間内に飼い主は現れませんでした。遺棄されたのか、捨てられたのか保護当時は人間不信に陥っていて人を避けて居ましたが、シェルターにて4ヶ月間ケアした結果、本来の人好き、愛嬌を取り戻しつつあります。現在はカフェスタッフとして元気に出勤しています。

お客様がカフェを利用したり、雑貨などをお買い物したりすることによって、
猫と過ごして楽しみながら猫の保護活動のサポートになる仕組みです。

猫suncafeは、札幌を拠点に猫の保護活動を展開する「NPO法人侍にゃぱん」が
運営しています。

少しでも多くの猫を保護し、新たな里親さんに繋いだり、シェルターにて終生飼育したり
殺処分0へ向けて活動をしています。

売上の一部は、保護猫たちのフードや医療費になり、ダイレクトに猫を助けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする