子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

幸せを歩み始めた「やまちゃん」1

シェアする

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

2018年9月の下旬、4日間にわたり石狩市当別町にて野良猫6頭の捕獲保護に取り組みました。

母猫1頭と子猫5頭の野良猫一家です。

母猫は「やまちゃん」と名付けられ、保護相談者さんが働く会社の敷地内で御飯や水などを貰っていましたが、これから寒さが増して来る前に保護して里親さんへ繋いで欲しいと相談を受けました。

「やまちゃん」は、突然姿を現すようになったとのこと。近隣に住居などは殆んどなく、人に臆さないあたりからして遺棄された可能性があります。

そして、ほどなくして山ちゃんは子猫5頭を産みました。

人馴れしている山ちゃんだけを保護するなら容易ですが、仔猫達が全く人馴れしておらず、近づくこともままなりません。最初に子猫達を捕獲してから最後にやまちゃんを保護することにしました。先にやまちゃんを保護してしまうと、子猫は危険だと判断し姿を消してしまう可能性があるためです。

まずは、捕獲器を相談者Mさんに貸し出して、捕獲を試みて貰いました。すぐに一頭の子猫を保護する事が出来ましたが、それ以降は警戒されて中々捕まえることが出来ず、Nyapanにて現場に赴き捕獲をすることに。

捕獲現場となる会社敷地前の道路は交通量こそ少ないものの、結構なスピードで車が走り抜けていきます。やまちゃん家族はこの道路を日に何度も横断して、寝床からご飯を食べに来てるようで事故の心配もありました。

水路からこちらをじーと見てるやまちゃん

警戒心を抱かれてしまい、現れなくなった場合を想定し、やまちゃんの後をつけて寝床や行動パターンを把握することにしました。

寝床などが解ったので捕獲に取り掛かります。やまちゃんの後をついてまわる子猫達を見て、相談者Mさんの猫達への愛情と接して、必ず全頭無事保護すると心に誓いました。

しばらくすると全頭一緒に姿を現しました。


子猫2頭までは順調に保護する事が出来ましたが、その後は捕獲器に近づかなくなってしまいました。

場所を変えたり、捕獲器に被せものをしたりしても完全に警戒されてしまい、捕獲失敗が続きました。それでも夕方のご飯の時間にはやまちゃんと子猫は姿を現します。

捕獲しやすいよう、ご飯も普段与えてた回数より減らしたり抜いたりしています。ゴメンね、お腹空いたよね。

雨が降る日もあったり、夜間も日増しに冷えるようになって来ました。

やまちゃんの後をついてまわる子猫を見ていると、複雑な心境になりました。子猫5頭と母猫1頭、6頭全頭一緒に迎え入れてくれる里親さんは、まずなく、捕獲後は別々の里親さんを探さねばなりません。こんなに仲良し家族を引き離さなくてはならないことに心が痛みます。保護の時はよくそんな心境になります。しかしこのままここで暮らしていくことは出来ません。憂うつな気分を振り払い、次の作戦にうつりました。

会社のご協力を得て、外で与えていた御飯を風除室でのみ与えるようにし、風除室に入ったところを閉じ込めて捕獲する作戦に変更。逃げる範囲が決まっていればどうにでも捕まえることが出来ます。ただガラスや物もあるので怪我だけは負わせないよう十分注意を払います。

画像が無いのですが、この後やまちゃんと子猫が風除室に入った所でドアを閉め、無事に最後の子猫1頭とやまちゃんを保護しました。

無事全頭保護してシェルターで兄弟再会です。

野良猫子猫は育たなかったり、はぐれる子猫も多い中やまちゃん5頭も頑張ったね。

この後、猫風邪症状が出て治療に時間が掛かってしまいましたが、皆良く食べ、順化も進み最後まで捕獲に手こずった子猫もゴロゴロとスタッフに甘えるようにもなりました。

一時は片目がひどく腫れてしまい、癒着を避けるため手術の予約を入れました。

保護相談者Mさんも心配して、手術代のご寄付まで頂きました。想いが届いたのか手術予定日前に腫れは引き始め、通院、点眼、眼軟膏のケアで快方に向かいました。

スタッフに抱っこされ、ペンダントで遊ぶのがお気に入り。あんなに近づけさせなかったのが嘘のようです。

仔猫達は、みるみる人馴れして、譲渡会で次々と里親さんが決まり引っ越していきました。

仔猫達が引越したあと、野良猫の時からずっと子猫たちを案じながら過ごしていたやまちゃんはとても寂しそうに見えました。保護相談者のMさんも譲渡会の度に物資を持って会いに来てくれていました。

保護してから3ヶ月が過ぎ、年も明けた1月。遂にやまちゃんにもとびっきりの朗報が!

猫suncafeの猫スタッフ達をとっても可愛がってくれている、支援者さんのHさんが里親さんを希望してくれたのです。これまでも度々物資の支援やご寄付などをして頂き、猫suncafeにも頻繁に訪れてくれていたHさん。わざわざペット可物件に引っ越し、やまちゃんを迎えてくれることに!

続きは

幸せを歩みはじめた「やまちゃん」2  公開まで少しお待ちください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする