子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

北国の猫を救う「ペレットストーブ&猫砂普及大作戦 クラウドファンディング」

シェアする

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

ほっとにゃいと」さんによるクラウドファンディングがスタートしました!

保護猫カフェ「猫suncafe」と「猫sunシェルター」に、ペレットストーブを設置することを目標に、慈善団体「ほっとにゃいと」さんが70万円を募ってくれています!

ほっとにゃいと」とは、秋吉泉さんと乳飲み子ボランティアMさんが全ての保護猫達が暖を取れるよう、また猫砂としても使用出来るペレット燃料の普及を促進する為、設立した慈善、保護団体です。

秋吉泉さんとMさんは、7月にもクラウドファンディングで保護猫達の為に、医療費100万円を募り、見事成功に導きました。

雪国札幌では、冬場の気温は-10まで下がり、その暖房費は多い時では40万円にものぼります。医療費と並び暖房費の捻出に頭を悩ませています。

2017年9月に、6畳程スペースを拡張した猫suncafe2Fでは、既存の暖房器具では間に合わず、昨年は温風ヒーターやホットカーペットで凌ぎました。

譲渡会を開催している、猫sunシェルターは最大100頭程を保護出来る広さがある為、天井埋め込み型の業務用暖房2機、入口にはエアカーテン1機、家庭用エアコン1、更に真冬にはFF温風ヒーターを使用し、また器具が古い為、暖房効率も良くなく、暖房費が嵩んでおります。

猫sunシェルター

猫sunシェルターに導入予定のお湯も沸かせるタイプ。乳飲み子達のミルク作りや仔猫のフードをふやかしたりと、お湯も欠かせません。

ペレットを使用する事により、芯から温め、火がもたらす癒し効果など、猫も人も体調管理に役立つと思われます。

またペレットは猫砂としても使用出来る為、経費削減効果を見込んでいます。

冬季、おおよそ6ヶ月間もの間、暖房器具を24時間運転しなければならず、暖房費の捻出、また常時100頭の保護猫を抱える当団体では、猫砂の消費量も常に課題となっており、ペレットストーブ、ペレット燃料の導入により、これらの問題を改善出来ると考えております。

猫suncafeに導入予定のタイプです

北国の保護猫たちが良質の暖をとれるよう、何卒、ご協力宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする