子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

怪我を負った仔猫のその後について

シェアする

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

以前にお伝えしました、白石区より保護した2頭と一緒にいた仔猫について、皆様覚えていますでしょうか??

大怪我を負ってしまった仔猫を依頼者様が動物病院へ連れて行き、通院・治療を続け、ご自宅にてケアをし、先日、仔猫が回復したとの嬉しい報告を依頼者様よりいただきました。

元気に動き回れるほどに回復し、お腹の傷も目立たなくなりました。

うっすらとお腹の真ん中に縦に線が見えますが、完治しとっても元気です!

金太郎という名前で、「きんちゃん」と呼ばれています!

救出して病院に連れて行った当時、動物病院の先生のお話によると、「怪我は中にまで達しており、助かる確率は50%」と診断され、きんちゃんの生きようとする力と依頼者様の必死のケアが今回の大怪我を乗り越えてくれたんだと思います。

依頼者様のご宅には既に高齢の先住猫もおり、仔猫が増えたことで先住猫のストレスが大きく、体調を崩してしまい、きんちゃんの里親さんをシェルターで探すことにしました。

ナデナデも抱っこも出来る、人懐っこい性格のきんちゃん。

シェルターに来たばかりの困り顔が愛おしいきんちゃんです。

今現在は、、

とってもわんぱくに、オモチャで遊んでます!呼びかけると振り向いて近くに来てくれました。

人の罠にかかり、大怪我を負ってしまったきんちゃんですが、その後依頼者様の愛情を

いっぱい受けて、とても懐っこく物おじしない性格に育ちました。

お腹の傷跡はほとんど目立たなくなっていますが、傷の長さはかなりのもので、

今よりも体が小さかった時に負ったことを考えると、手当が遅れていたら致命傷になっていた

と思われます。

このような痛ましい出来事は減るように願ってやみません。

シェルターにもすぐに慣れて、元気なきんちゃん。7月29日(日)の譲渡会に参加予定です!

その他にも譲渡会初参加の仔猫も居ますので、見学だけでも結構です、是非足をお運びください!

【ご協力お願い致します】

新たな保護で仔猫が十頭以上、成猫、老猫合わせて100頭前後を保護している為、猫砂、ドライフード、仔猫用ウェットフードが大変不足しております。

私共、保護団体にご協力をお願い致します。

不足している物資はこちら

また、医療費も不足しており、猫suncafe店頭募金、銀行または郵便局でのお振込みを
お願いしております。

銀行口座 北洋銀行 篠路支店 普通預金
口座番号 3620268
NPO法人 Nyapan Cat Rescue
ニャ:00:パンキャットレスキュー

郵便口座 ゆうちょ銀行
記号 19000
番号 13486491
NPO法人 Nyapan Cat Rescue
トクヒ)ニャパンキャットレスキュー

保護猫の為、ご協力お願い申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする