子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

猫達のカルテ作り

シェアする

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

保護猫たちのカルテ作りに取り掛かりました。

今までもカルテはあったのですが、より猫たちの体調管理を把握し、迅速に

対応出来るように、南郷どうぶつ病院さんの協力を得て、動物病院と連動した

カルテの作成を始めました。

年末の忙しいさなか、南郷どうぶつ病院の先生とスタッフさん達が自分達の休み時間を削ってわざわざ出張して来てくれました!

まずは猫suncafe1Fの猫たちの名前やデータ取り。

一頭ずつ、体重を測って写真を取り、名前や性別などを記録して行きます。

看護師さんが抱っこしているのは、今年2月に函館から引き取った「えみ」
スタッフや一部お客さんに人気の「えみっこ」慣れない環境や何かあると食パン型クッションの下にもぐる様子が好評です。
とても懐っこいので抱っこされて嬉しそう!顔は険しく見えますがいつもこういう顔してます。今は、西区49頭多頭飼育崩壊の「ちぃ」と仲良く同居してます。

耳の中や口の中などもチェック。

2Fのフリースペースの猫たちも。
助手をしているのは11月に当法人に社会研修に来ていたエスワン動物専門学校の生徒さんで
この時は南郷どうぶつ病院さんに実習中でした。 うちの猫たちにも慣れていますね。

大人しくしてないこはベテラン看護師さんが対応です。

マリー。大人しく診察されています。

保護した時から首の曲がりがある「ユウくん」

マンション高層階からの転落で後ろ脚が不自由な「ショコラ」いいこで順番待ちしてます。

診察を嫌がって隠れる猫も居る中、「銀次」は余裕の振る舞いです。
さすが銀次、何にも動じない掃除機大好き猫suncafeの人気スタッフ!

わざわざワクチンも持ってきて貰ったのですが、時間の関係で次回です。

こうして、どうぶつ病院と連動する事で、日々の体調管理も行いやすくなり
病気やケガなどの時も今までよりも迅速対応出来るようになります。

南郷どうぶつ病院さんでは、おかっぱの脚(皮膚)も皮膚移植手術をして頂き
劇的に良くなりました。

手術直後なので糸などが見えますが、今は大分綺麗になって来ています。

隣で見ているのは「コマ」

コマは先天的に奇形があり、排尿が出来ない状態で陰部の切除手術をしたり
カテーテルを入れたりして来ていましたが、まだ子猫だったりで成長で変化したり
など複数の要因があり、おしっこを出す部分が塞がってしまったり、押し出す部分の機能が
落ちたり、再度おしっこが出ない状態になっていました。
一時は命の危険もありました。

コマが生きるには、頻繁にお腹からおしっこを抜くか、手術をするしか道は無く
お腹から頻繁に抜くのはあまり現実的ではなく、手術に踏み切りました。

難しい状態と手術でしたが、無事に成功して仲良くおかっぱと隣で入院生活を
送り2頭とも退院しています。

シェルターも365日休みはありませんが、動物病院も入院があったり、時間外にもやる事が山ほどあり大変です。そんな中、自分達の休憩時間を割いてまでも保護猫達の診療に
当たってくださる先生・スタッフさんには感謝の念しかありません。

シェルターには、保護した時点で何かしらの疾患を抱えている猫が多いのですが
出来る限り、治療やケアをし一頭でも多く里親さんが見つかるよう頑張っていきます。

猫suncafeは本日30日から3日までお休みを頂きます。
休みの間に普段出来ない掃除や修理、猫たちのケアをして新年を迎えたいと思います。
1月からは可愛くてやんちゃ元気な新猫スタッフも加わりますのでお楽しみに!

次回の譲渡会は1月14日(日)開催です!
場所 猫sunシェルター
住所 白石区本郷通9丁目北1-1
時間 13時~17時

50頭以上の猫たちが参加します!お時間のある方は是非足をお運びください。
里親希望の方はもちろん、見学だけでもOKです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする