子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

首から下が動かない子猫を保護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

「子猫を捕獲出来たので今から連れて行っていいですか?」

保護相談を受けていた依頼者から連絡が入りました。

他の保護現場で対応中だった為、スタッフに引き取り対応をお願いし現場での対応に戻りました。

少しすると、スタッフからLINEで動画付きの連絡が来ました。

「首から下が動かす事ができないみたい」

「呼吸も荒い」

送られて来た動画を確認すると、まるで脳性麻痺のような状態です。

捕獲器に入ったと聞いて居たので、それまでは自力で歩いて来たはず。

子猫は捕獲された恐怖からでしょうか、脱糞したと聞いて居たので

暴れて頭やどこかをぶつけてしまったのか・・・

色々考えながらシェルターに向かいました。

シェルターに着き状態を確認すると、やはり頭から下を動かす事が出来ずに居ます。

命に関わるおそれがある為、夜間動物病院へ連れて行き、レントゲン、血液検査や降圧剤、抗

生物質など夜間動物病院で出来るすべての処置をして貰いましたが、

状態は上がりませんでした。

レントゲンでは背骨などにも異常は見られず。

脳に異常があるか、ウィルスなどの可能性も捨てきれず、容態が急変し命を落とす可能性もあるとの事。

このまま病院に預けていても、シェルターに連れて帰っても、やれる事は同じなの

で、ひとまずは連れて帰り、明日の朝一で掛かりつけの病院に連れて行く事にしました。

あとはこの子の生命力に掛けるしかありません。

まだ3ヶ月位の子猫です。

身体が不自由な状態なのに、最初会った時は必死に口だけを動かして

威嚇していました。

まだ小さいのに、体が動かなくても必死に威嚇する姿を見てると

どうしようもなくやり切れない気持ちになります。

「ごめんね、人って怖いよね。」

猫の保護活動を初めてから、私は時々思うのです。人って生き物の中で一番怖いと。

私が子供の頃は、自宅で飼っていた猫も近所の野良猫も、みんな放し飼いで

自由に過ごしていた時代でした。

隣の塀の上で、昼寝をしている猫。時々大けがをして帰ってくる猫。

誰々さんちの猫。みたいな感じはあっても近所の人が皆で可愛がり

時には車に惹かれて亡くなってしまう猫も居ましたが、それは人も猫も一緒です。

いつの間にか、人の都合で猫は外に出る事を禁じられ、住むところを追いやられる。

その時代は、それなりに色々と問題もあったと思いますが、今の社会は

猫達にとっては住みにくくなった気がします。

室内飼いの方が、病気や事故の心配は減るのでしょうが、窮屈感は否めません。

誰のせいとかではなく、時代の流れなんでしょうが、一緒に過ごして来た動物たち

を何故、殺処分したり棲み処を追いやったりする時代になったのか。

せめて、動物の事を考える人達が少しずつ知恵や力やお金を出し合い

住む所、医療、御飯なども何とか出来ないものか・・・

人はこれだけ物や食べるものに不自由なく過ごせてるのですから、もう少し

動物にも思いや行動を寄せて行きたい。

話がそれてしまいましたが、突然捕獲され、気が付いたら体が動かなくなっている。

これから何をされるのか。子猫の恐怖は相当なものだと思います。

せめて、出来る限りの事はしようと思います。

明日の朝一でスタッフがかかりつけの病院に連れて行きます。

ふと時計を見ると2時。 病院が開くまであと7時間。どうか容態が急変せずに

頑張ってほしい。

まだ生後3ヶ月位です。これからです。

数時間前は威嚇してたのに、撫でても怒らなくなってます。

具合が悪いのもあるのでしょうが、少しは警戒心が解けてくれていたら幸いです。

この2ヶ月弱、前理事長の急逝や猫suncafeの休業などもあり、

医療費や猫砂などの物資が不足しております。

私達の活動に共感して頂けたり、今回の子猫やシェルターで過ごす100頭を越える

猫達の為に、ご寄付や物資のご支援など宜しくお願い致します。

■ ご寄付は下記口座までお願い致します。

銀行口座 北洋銀行 篠路支店 普通預金
口座番号 3620268
NPO法人 侍にゃぱん
エヌピーオーホウジン サムライニャパン

郵便口座 ゆうちょ銀行
記号 19000
番号 13486491
NPO法人 侍にゃぱん
トクヒ)サムライニャパン

■ 物資の送り先

札幌市白石区本郷通り8丁目南2-8 猫suncafe

■ 無料で出来るクリック支援 gooddo

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする