子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

【引き取り】民間から20頭成猫+3頭の乳飲み子を引き取りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

6月15日、全頭で20頭確認されている猫のうち、

17頭の成猫を清田区の一般家庭より引き取りました。

1頭は怪我の治療のため入院中。退院し次第引き取ります。

2頭は半野良で姿を現さず、外で飼われていた為、捕獲器を仕掛けて様子見中

という状況になっています。

今回の引き取りの至る経緯ですが、飼い主様がご病気で入院されてしまい、

ご親族の方が1か月間、里親さんを探しながら、猫アレルギー持ちにも関わらずケアを続けていたが、負担が大きくなってきたとのことでご相談がありました。

いくつか施設を当たったそうですが、一度に全頭保護することができないのと、保護するとしても年単位の長期戦になるとの条件で困っていたそうです。

ご相談を受けて、詳しくお話を伺い、猫の特性も教えていただき、

2頭除いて全員避妊去勢も済んでいるとのこと。

20頭一気に保護できますよとお伝えすると、とても安堵されていました。

6月15日が引き取り予定日。

前夜の14日、メールが届きました。

「お腹が大きかったよもちゃんが出産してしまった」

とのこと。

よぎるのは、保護という大きなストレスを与えることによって育児放棄してしまわないかという心配ですが、もうここまできたら最善を尽くすしかありません。

迎えた当日…

現地に到着すると、ご親族の方が完全防備で出迎えてくれました。

N95マスクみたいなすごいマスクに、フード付き全身防護衣。

相当ひどい猫アレルギーであることが伺い知れます。

敷地内の、半野良2頭が通る通路に捕獲器を仕掛けてから、家の中の保護を開始!

まずは、乳飲み子の確認です。

寝床に3頭、ちっちゃいのがいました。

話を伺うと、母猫が乳飲み子を寝床から放り出したりと、どうも昨日の時点で育児放棄していたようです。

3頭を寝床ごと手早くキャリーに入れ、カイロを敷いて保温開始します。

100gないくらい小さな身体はきんきんに冷え切っていました。

他の子猫がいないか探しましたが、3頭だけでした。

他の保護に時間がかかると、乳飲み子たちの初期ケアが遅れ致命的になってしまいます。

気合を入れて大人たちの捕獲を開始しました。

私たちが部屋に入っても動じなかった4頭は難なく捕獲。

続いて、狭いところに隠れている猫を順番に捕獲していきます。

ご親族の方も、通路を封鎖したり、缶詰のおとりを作ってくれたり、ここにいますと教えてくれたりしてくださり、とても助かりました!

結局、13時前くらいに始めて、終了したのが13時50分くらい。

予定の17頭+3頭の乳飲み子、無事に保護が終了しました。

帰り際に、使っていたフードや猫砂を寄付してくださいました。

本当にありがとうございます。

ご親族の方、ずっと大丈夫ですと言っていましたが、1時間くらい家の中にいただけでも顔色が悪くなっていました。

それでも1か月、お仕事をされながら猫の世話をして、里親探しをして、

本当に心身ともに大変だったと思います。

「猫アレルギーだから何もできません」という前提での相談も数多い中、

自分のことよりも家族のこと、家族が大切にしている猫のことを大事にしてくださる優しさに励まされました。

篠路シェルターまでは小一時間程かかる為、猫sun cafeに寄って乳飲み子の救急処置を行いました。


ミルクや排せつを終えて、篠路シェルターに向けて出発~~

と、移動中に、乳飲み子3頭のうち、一番未熟児っぽい白猫の容態が急変しました。

完全に下顎呼吸(口をがばっと開けて、ごっ、ごっ、と努力呼吸する)になっており、

明らかに呼吸困難です。

呼吸を助けるマッサージを行いながら、行先をあいの里動物病院に変更。

到着するころには呼吸は落ち着いておりましたが、一応レントゲンを撮ってみました。

結果、肺には異状なし。下痢をしていたので、お腹の調子を整えるお薬をもらい、篠路へ帰りました。

【先生の見立て】
もしかしたら初乳飲んでないかもしれない。
昨日から今日まで何も口にしていない可能性もある。
となると、急にたくさんミルクを飲ませるとお腹がびっくりしたり、
血糖値が急激に上がることによってインスリンがどばっと出て、
逆に低血糖になってしまう可能性もある。

今日は1回1~2ccくらいずつ、1時間ごとくらいで哺乳してあげたほうがいい。

今のところ、3ニャンとも1ccちょいずつしっかりミルクを飲めており、

胎便と思われる排便もあり、落ち着いております。

【しんP・男の子・68g】

呼吸困難を乗り越えたつわもの。

【兄者・男の子・86g】

この子が一番体格よいです。

【ぺん・女の子・69g】

ちょっとわがままさんです。お姫様気質あり。

函館の乳飲み子に続いてすくすく育ってくれるよう、頑張って育てたいと思います。

生後1日、へその緒もまだついているほどのちっちゃさです。

ちっちゃすぎて怖いですけどね;;

いつもご協力のお願いばかりで大変恐縮ですが、この子たちの成長を応援していただけないでしょうか。

乳飲み子の保育1週目で消費が激しいものは、

☆ミルク

☆ティッシュ・ソフトパックのものが嬉しいです(o*。_。)o

☆ディスポ手袋・メーカー指定はないのですが、ゴム製/Mサイズだと大変ありがたいです。

☆カイロ・貼らないタイプならなんでも有難いです。

☆おしりふき・ノンアルコールタイプなら何でも有難いです。

最後になってしまいましたが、17頭の大人たちも少しずつキャリーから出て、

あたりを伺い始めています(ฅ^・ω・^ ฅ)

大人たちの紹介も、追々させていただきますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする