子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

札幌市北区多頭飼育崩壊発生。【動画あり】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

「産まれてきた子猫6匹のうち、5匹は死産だったんだけど

生きていた1匹も、処分してしまったんです…」

飼い主さんの告白と逃げ惑う猫達、そして荒れはてた室内が

切迫した状況である事を物語っていました。

新たな多頭飼育崩壊のご相談メールが届きました。

「知人で多頭飼育してる人がいて、手に負えない状態で

本人もどうにかしたいが手がつけられないみたいです」

ご本人に詳しい事情を聞くべく、飼い主さん本人に連絡をして頂くように
伝えました。

翌日に、飼い主さんより連絡があり、

50頭前後の猫たちに困っているとのことでした。

場所は札幌市北区。

6年ほど前、3頭の野良猫の雄を迎えた飼い主さんと、
ほぼ同時期に1頭の野良猫の雌を迎えた息子さんが、その後同居をすることになったのですが、部屋分けがうまくいかずに雄雌が接触してしまい、6頭の子猫が生まれたのがきっかけでした。

その後、子猫だと思って何もしないでいたら
数か月で子猫も妊娠、出産。加速的に増え始めてしまい、手が付けられなくなったそうです。
こんなに繁殖するものと思っていなく、

20頭に増えた頃からどこかに相談しようと考えたそうですが、
インターネットは一切やらないようで、
行政以外ではあても無く、どこに相談していいかも解らず、
冒頭の告白のような最悪の状況を招くところまで、生活も、経済も、精神も追い詰められていました。

知人経由で当法人の活動を知り今日に至りました。

5月10日、頭数確認を兼ねて現場を見せていただきました。

玄関先ですでに、多頭飼い独特の臭いがあります。

1階の確認から始めます。

飼い主さんの話によると、50頭位居るのではないか、
しかし、正確な頭数は把握できず既に無法地帯です。

家具家電は破壊され、床も壁も傷み放題。

猫達は最初、状況が解らずきょとんとしていましたが、
知らない人だとわかると一斉に逃げ始めました。

物陰、ベッドの下、キッチン裏、ソファの中などなど…
至る所にさっと逃げて隠れてしまい、頭数確認は至難かと思われました。

1Fでざっと見えたのは、
子猫3頭~4頭、成猫10頭前後、犬2頭ですが、
まだ何頭も隠れています。

この犬は後ろ足がありません。17歳前後。

2階は、タンスの上のようなスペースに隠れている猫が多く、
知らない人だとわかるとパニックになり逃げまどいます。

保護どころか数を確認するのもままならない状態です。

その中で、近寄っても物おじしない猫が3頭くらいいました。

この押し入れの下段に、見えるだけでも10頭程が隠れていました。

すぐに逃げてしまい、一瞬しか確認できてないので正確ではありませんが、
少なくとも30頭は居るようです。
そして恐らく見えないところに隠れている猫も結構いると思われ、
飼い主さんの申告通り50頭は居そうです。


ほとんどの猫が家庭内野良化しており、保護と譲渡には、時間を要することをお伝えし、
本日は、1階にいる雄2頭を保護することにしました。

1階と2階の猫は出入りすることがなく、1階のメンバーで雄はこの2頭だけだとのこと。(子猫は不明)
したがって、この2頭を保護できれば、1階での繁殖がストップします。

最初は激しく逃げまどっていた2頭でしたが…

一旦仕切り直すと、2頭のうち1頭が冷蔵庫の上で大人しく撫でさせてくれました!

おやつをあげたり、なでなでしたりしながら、
キャリーをそっと近づけておしりを押し、キャリーに入るよう誘導すると、

大人しく入ってくれました。

2頭目は仕切り直しても逃げるので、猫達の緊張を和らげる為に
捕獲器を設置し一旦その場を離れました。

ごはんを食べたばかりだということで、長期戦になるかなぁと思いながら車で待機していると、15分くらいで捕獲器に入ったと連絡あり!

よっぽど、缶詰欲しかったんですね…。
前日、電話で話した時に満足に御飯を与えられない(頭数が多くて)と言っていたのを
思い出しました。

50頭にも及ぶ猫達のフード代は相当な費用になるはずで、現在飼い主さん親子は
経済的に困窮しており、このままでは破綻してしまいます。
息子さんはうつ病で働けずに過ごしており、お母さんの僅かな年金を頼りに
生活しているようです。

相当具合が悪いのでしょう、息子さんはこの左に少し映っている布団で寝ていました。
状況の深刻さを物語っていました。

年老いたお母さんとうつ病を抱え働けない息子さん。そして50頭にも及ぶ犬猫たち。
今、私たちが積極的に介入しないと、人も犬猫も危機的な状況であるのが解ります。

目標の2頭が保護できたので、今日は終わろうかなと思いましたが
1頭の雌猫の話を聞くと、妊娠1か月くらいだとのこと。

前回の妊娠出産は死産で、まだ母猫自身が1歳になっていない。

早めに保護して十分な栄養を与えなくてはまた死産してしまうかも知れない。

この妊婦猫も保護する事にし、近寄ると怖がって逃げるので、

1台捕獲器を残し、もし入ったら連絡をもらえるようにお願いして、

雄2頭を篠路シェルターに連れて行きました。

そして、夜。
飼い主さんより電話があり、妊婦猫が捕獲器に入ったとのことで、
すぐ迎えにいきました。

今回は、なんとか無事にお産してほしいと思い、人手が多い
猫カフェ1階の個室ケージでケアすることにしました。

栄養あるごはんをたくさん食べ、元気にお産に臨めるようにしてあげたいです。
望まない繁殖はもちろん防がなければなりませんが、
既に命を授かっている猫達に罪はありません。

中絶するの?と聞かれましたが、しません、自然に任せます。

妊婦猫の「ミミ」を連れて玄関を出ようとした時、

飼い主さんは泣き出して居ました。

今日、保護した3頭には名前があり、

雄がタッチとタマ
妊婦さんがミミというそうです。

馴れない猫が多いため、時間はかかりますが、確実に再繁殖を防ぎながら、
しっかりフォローしていきたいと思います。

石狩33頭多頭飼育崩壊に引き続きになってしまい心苦しいのですが、
50頭もの猫達を助けるためには莫大な量のフード、砂、医療費が消費されます。

どうか、猫たちのためにご支援していただけないでしょうか?

ざっと、1頭1日70gぐらいフードを食べるとすると、
70g×50頭=3.5kg 猫の栄養になります。

1週間で24.5kg。約30kg栄養に変わっていきます。

いつもご支援くださっている支援者の皆様のおかげで
保護猫に健康で安心な住環境を保ってあげることができます。

石狩33頭のご支援のお願いの際には、
報道のお力添えのおかげもあり、
たくさんの方に物資、ご寄付で応援していただいたお陰で衰弱した猫たちのケアができています。
本当にありがとうございます!!

何卒、猫たちを救う為
皆様改めて、ご支援宜しくお願い致します。

50頭に増えてしまった猫達に罪はありません。
今まで素敵な里親さんと巡り合い、幸せになった猫たちのように
この50頭の猫達にも、手を差し伸べていただけたら有難いです!

ここを凌いでいけば、猫達は新しい家族に出会えます。

どうぞよろしくお願い致します!

銀行口座 北洋銀行 篠路支店 普通預金
口座番号 3620268
NPO法人 侍にゃぱん
エヌピーオーホウジン サムライニャパン

郵便口座 ゆうちょ銀行
記号 19000
番号 13486491
NPO法人 侍にゃぱん
トクヒ)サムライニャパン

物資の送り先

003-0024

札幌市白石区本郷通り8丁目南2-8

猫suncafe

理事長 齋藤歌奈子 080-5652-5827

info@nyapan.jp

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする