子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

中央区・野良猫の捕獲と保護【動画あり】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

古い支援者さんで、ボランティアさんでもある方の相談で

中央区にて出産を繰り返している野良猫一家の捕獲を手伝うことになりました。

一家が暮らしている一帯は、野良猫に理解が薄く

邪険にされたり、猫除けを使われたり、ひどいときには毒を置かれたりするそうです。

出産を繰り返してきりがないし、また妊娠してお腹が大きいから捕まえて

安全に出産させてあげたい、とのことで相談を受けました。

野良猫の捕獲は時にハイリスクです。

ケガもしますし、寄ってこない猫は捕獲器で捕まえるので

かなり長丁場の持久戦になることがザラにあります。

また、話し合いや交渉が上手く進まないと、近隣住民とのトラブルも発生します。

今回の相談の中で話に出てきた猫は4頭。

①シャム色の母親

②キジシロ子猫

③白黒の子猫

④黒さびの子猫

あと2,3頭いるかもしれないが、はっきり確認できていない。

との情報をもとに、ご本人にも協力を得て捕獲作戦開始です。

3月23日 初回の捕獲。

猫suncafeの営業が終わってから向かったので21時ごろから捕獲開始。

出現場所の近辺2か所に捕獲器を設置

捕獲機を設置してから約30分後、キジシロの子猫が捕獲機にかかりました。

この日は雪も降っていて寒かったので、子猫が冷えないよう急ぎます。


捕獲器からキャリーに移す際に室内で脱走しましたが、

トイレに誘導して個室内にて再捕獲。

その後2時間ほど粘りましたが、他の猫は現れませんでした。

3月23日の最初の捕獲から本日までの間に、5頭の捕獲に成功しました。

捕獲した猫たちは、激しく怒るか不安で怯えています。

このままでは里親さんが決まらないので、順化していきます。

日中は相談者さんが、夜から朝方にかけて捕獲スタッフが捕獲器を仕掛け
待機しています。

途中でバッテリーが切れてしまいました。結局この後、どこかに行ってしまいました。

この動画に映っている、妊娠中と思われるシャム猫はここ4日程

姿を見せなくなってしまいました。

どこかで出産して行動パターンが変わったのでしょうか。

もう1頭キジシロを確認しているのですが、警戒心が強く、捕獲機を認識しているようで、ほぼ素通りしてしまいます。

交通量もある場所なので、事故などに遭う前に無事捕獲出来るといいのですが。

動物病院開設プロジェクト。クラウドファンディングが34%、80万円を超えました!

ご支援して下さっている皆さま有難う御座います!

達成できるよう、今後とも記事の拡散、支援、ご協力宜しくお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする