子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

「保護猫譲渡会」来場者さまは、70名!大盛況で終了しました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

DSC06296

2月19日(日)、侍にゃぱんでは初開催となる「保護猫譲渡会」がつつがなく終了しました。

里親さんが決定した猫たちは5頭!

ご寄付は、計5000円を頂きました。

物資も頂いております!有難うございました!

DSC06468

皆様のおかげで大盛況のうちに終わることができました!

篠路までお越しくださった皆様、

これまでにゃぱんを知らなかったけれど一歩踏み出してご参加くださった皆様、

家族に迎え入れてくれた方、ご寄付、物資にて支援して下さった方々

本当にありがとうございました!!

篠路の譲渡会に参加した後、白石区の猫カフェに来てくれた方も居ました!

同じ猫が居る状況でも、譲渡会と猫カフェでは雰囲気も違うし、違う楽しみもありますよね。

3月も譲渡会を開催します!! 日程は決まり次第告知します。

お世話になっている里親さんにもお久しぶりに再会でき、

皆さんと直にお会いして交流できるいい機会でもあるなぁと実感できましたので、譲渡会の定期開催をしていきたいと考えています!

DSC06325

70名もの方が、保護猫に興味をもって、ある人は実際に家族として迎えてくださるつもりで足を運んでくださったことに、感謝でいっぱいです!

ボランティアさんも有志で拡散活動をしてくれたおかげで、色んな方に譲渡会開催の情報が伝わり、ご来場のきっかけになったと思います。

このような、保護猫譲渡会を通じて、

少しでも多くの方に保護猫の存在、保護活動のこと、新しい家族を待っている子がたくさんいること、知ってもらえたら、と思っています!

DSC06317

里親さん決定は5頭!素敵なご縁がありました!

成猫子猫含めて、5頭の保護猫の家族が決まりました!

①49頭出身のシュガーちゃん&ここあ

DSC06315

去年、札幌市西区のマンションの1室に49頭もの猫が残された、多頭飼育崩壊。

トイレに16頭、出窓に6頭という隔離状況が衝撃的だった本件の出身の子ですが、

とっても優しそうな奥様と旦那様のお家に迎えられました!

シュガーちゃんには、一目ぼれしたようですぐ決定!

一人では寂しいわよね、と同じ出身の「ここあ」を一緒に迎えてくださった優しい里親さん。

きっと幸せになれると思います!里親さん、どうぞよろしくお願いいたします!

②6頭保護の子猫からは、モップス&首の白い子ちゃん

6頭子猫については、カフェでも何件かお問い合わせをいただいておりましたが、

今回の譲渡会の中で譲渡対象にするかどうかの判断は、当日朝まで慎重にさせていただきました。

というのも、もともと保護時に全員弱っていたこと、

6頭のうち2頭が下痢と食欲不振で、隔離を余儀なくされていたこと、

体調の変動が安定期に入っているかの判断がぎりぎりまで難しかったというのが理由です。

結局、6頭の中で月齢が概ね2か月に達しており、

発達に問題がない「モップス」とよく似た首の「白い子」、「キジトラ」キジトラちゃんの3頭の譲渡対象として皆様と会っていただきました。

そして、3頭のうち、白黒兄弟のモップス&首の白い子ちゃんが

それぞれ別のご家庭に迎えられることになりました!

保護時この2人は大変小心者で、箱からばっと逃げ出し、

捕まえたら捕まえたで暴れてマジ噛みするというハードボイルドちゃん・・・

子猫ということもあり、2,3日で慣れましたが、

とても思い入れのある2人だったので、寂しさと嬉しさもひとしおでした。

17時くらいに、抽選当選のかたにお電話で譲渡の意思をお伝えしたところ、

横で電話を聞いていたと思われるのですが、子供さんが「やったーーーー!!」と喜ぶ声が聞こえまして!

こんなに熱烈に望まれて、迎えられるなら幸せだなーと気持ちがほっこりしました。

もう片方の里親さんも、譲渡の時に「大事に育てます!!」と力強く言ってくださり、

兄弟の里親さん同士も会えたことで、猫を通して繋がる人の縁というのでしょうか、

猫の力ってすごいなーと改めて実感しました。

里親さん、モップス兄弟をどうぞよろしくお願いいたします!!

③民間保護のつぶちゃん

DSC06357

民間保護のつぶちゃんに、素敵なご縁がありました。

里親さんになってくれるのは、実はカフェの常連さん!

もともと、頭の片隅で猫との出会いを探しながら、カフェに通ってくださっていた方です。

HPで、つぶちゃんの記事を読んでくださり、「可愛い!会ってみたい!」と思って、遠路はるばる来てくださったとのこと…!

つぶちゃん、もともと極度のびびりさんなので、こんなに人が出入りする環境を体験するのは初めてということもあり、お気に入りのブランケットを頭からかぶって隠れていました。

せっかく、つぶちゃんに会いに来てくれたのだから、

つぶちゃん!頑張ってこんにちはするよ!とブランケットをめくり、ご対面。

里親さんの顔を確認してはそそくさと隠れ、また出てきて隠れの繰り返しでしたが、

そのしぐさが里親さんの心を射抜いたようです。

うーん、うーんと考えた末に、家族に迎えることを決めてくださいました!

お家の準備の都合もあり、お引っ越しは3月になりますが、よく知っている方への譲渡は本当に安心です。つぶちゃんを、大切にお預かりしますと伝えて、

その後ボランティアさんと一緒に、みんなで大喜びしました!

里親さん、つぶちゃんをよろしくお願い致します!

番外編・りんごちゃん

ringo

今回、譲渡会にはいたものの、譲渡対象ではない子が数頭いましたが、

そのうちの一人がカフェでおなじみの「りんごちゃん」。

49頭出身の、面倒見のいい女の子です。

彼女が何故、譲渡対象じゃなかったかといいますと・・・

譲渡会の後、トライアルが決まっていたからなんです!

里親ご検討のお姉さんは、特定の猫限定の猫アレルギー持ちだそうで、

猫によって症状がでたり、出ない猫がいたりするので

りんごちゃんと過ごしてみて重たい症状が出なければ是非迎えたいと言ってくれていたのです。

かくして、譲渡会の余韻も冷めぬうちに、里親さんのお宅へ・・

りんごちゃん、慣れない環境だと、バーっと走り出しちゃうことがあるので

極力、キャリーの中で触れ合いましょうということでトライアル開始!!

里親さんがなでなでしても・・

猫じゃらしにホイホイされそうになりつつも・・

りんごちゃん、キャリーから出ることなく、おとなしくトライアルしていました。

かといって緊張している様子でもなく、キャリーの中で香箱座りしたり、

目を細めて寝そうになっていたりとかなりリラックスモード。

1時間ほど触れ合っていただきましたが、お姉さん、むずむずすることもなく経過。

同席の彼氏さんと一緒に、どうする?大丈夫?と確認していただいて・・

「迎えたいです!」

と言っていただけましたー!!

よかった!本当によかった!

里親さんにはご説明させていただきましたが、

りんごちゃん、多頭飼育崩壊時のストレスに加え、篠路から1Fケージへ、そこから2Fに行って、また戻って・・その間に、ルームシェアの子も何頭も入れ替わっていたこともあり

相当なストレスを抱えて、ところどころ舐めすぎハゲをつくってしまっていたのです。

カフェでも、ルームシェアの相手を工夫したり、

よく構ったり、フェイウェイというフェロモンを焚いてみたりと色々しましたが、

積み重なったストレスを打ち破ることはできず、今回のトライアルに本当に望みをかけていたのです。

きっと、お家に迎えられて、のびのび、ぬくぬく過ごせばよくなる。

そう確信ももっていたので、里親さんが引き取りを決意してくれたときには本当に飛び上がって喜びたいくらいでした。

こちらも、準備の都合で、お引っ越しは3月になりますから、

あと1週間ほどはカフェで会うことができます!

りんごちゃん、ほんとうに、よく頑張った!よかったね!

里親さん、本当にありがとうございます!りんごちゃんをよろしくお願いいたします!

今回の譲渡会、皆様のご協力、ご来場のおかげで大成功に収めることができました!

おかげで譲渡会2回目のメドも立ちました。

DSC06322

右の黒猫は「シュウ」。約1歳位で人に懐っこく、どんな猫とも仲良く過ごせます!今回は残念ながら縁がありませんでしたが、体調も良く健康です。

まだまだ、里親さんとの出会いを待っている子はたくさんいます。

今入っている予定だけでも、50数頭の猫をこれから保護します。

猫カフェの方で毎日譲渡をしていますので、この中から次の譲渡会に何頭参加するかは

未定ですが、3月の譲渡会に参加します。

今いる猫達を、元気に送り出すことももちろんですが、

一方で、様々なご事情で、保護をご依頼される方は後を絶ちません。

1頭でも多くの猫が、保健所ではなく保護施設に来ることができ、

幸せな「第二の猫生」を過ごすには、

次の子を保護できるようにスペースを確保し、譲渡しなければならないのです。

そう、もし猫を迎えようと検討してくれている方が、ペットショップから購入するのではなく、保護猫を迎えてくれたら、その子と、もう1頭。

次に保護できる子を、救うことができるのです。

もちろん、「縁」ってありますから、急ぐ必要はありませんが、

里親さんになるということは、とても大きな「猫助け」なのだということを

声を大にして、今回言わせていただいて、

今回の譲渡会の成功の、お礼の言葉とさせていただきます!

皆様、本当にありがとうございました!!

DSC06272

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする