子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

かぼす治療日記2日目【1月30日】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

さて、29日に病気が発見され、無事に処置を乗り越えたかぼすですが。

DSC_0429

その日、先生から聞いた説明はこんな感じでした。

おしっこのつまりは先端のほう、少しつまっていただけだったので、5分くらいですぐ解除できた。

根本的な原因は今後の治療経過をみながら判断になるが、おそらく出血性のものではないか。

急性腎不全改善のため、病院が開いている日はできるだけ毎日点滴にきてもらい、

3回目の点滴と同時に採血を行い、血液検査で治療の経過を評価します。

たいてい、点滴入れて、じゃんじゃんおしっこ出せば、治っていきますよー!とのこと!

おむつをして、キャッチするのですが

おむつの当て方にも注意が必要で、カテーテルが折れないようにしなければなりません。

1485690862599 1485690877365 1485690859512 1485690873577

後ろからあてて、自然の流れで前にそっとあてていけば、折れません。

しかしよかった、点滴に通えば治るんだ@@よかった。。

DSC_0478 DSC_0479 DSC_0480 DSC_0483 DSC_0485 DSC_0488

食事は、しばらくphコントロールシリーズになるけど、

phコントロールならなんでもいいそうです。

とりあえず、カフェにはオルファクトリーがあったので、それを使うことにしました。

齋藤が個人で2010年に管理センターから引き取った猫・こぶも尿路閉塞だった関係で、phコントロールはいろいろ試しましたが、

石を溶かさないといけない急性期(石が原因の場合)は0一択ですが、

味的にはオルファクトリーが一番おいしいようです♪

調べてみたら、

オルファクトリー ’Olfactory’ とは日本語で嗅覚の事を指します。 つまり猫の食欲がそそるにおいのするご飯なのです。

とのこと!!おいしいわけですね。

DSC_0434

食欲は旺盛です!また明日も、点滴がんばろうねー。

そして、かぼすと一緒に、篠路のチャコも病院にかかりました。

DSC_0456

dsc05502

民間から保護した8歳の兄妹のうちの、兄。

3日前くらいから目やにが出だしたので、

インターキャット入り点眼をしていましたが、よくなるばかりかズビズビがひどくなってきていたので、

放置するとご飯が食べれなくなる恐れもあり、一緒に通院しました。

(ちなみに、同時期にズビズビしだしただいごろうは点眼で治りました)

DSC_0459

まずは体重測定!

DSC_0460

ちょいおデブだそうです。カロリーの少なめなごはんがいいよとアドバイスいただきました!

DSC_0461

先生の愛を注入。

DSC_0462

フルオレセイン試験紙をまぶたに、しゅっと!入れると、蛍光黄色の涙がぶわっと出てきました。

DSC_0467

蛍光涙を洗っていきます。

DSC_0468

眼球に傷がついていないか、調べます!

DSC_0469

左おーけー

DSC_0473

右もおーけーでした!

DSC_0475

ふき取ってー

DSC_0477

お疲れ様でした!

チャコは、飲み薬をいただき、加療することになりました。

チャコは、2月19日の譲渡会に参加しますので、

気になる方は、是非足をお運びください♪

猫一同、心よりお待ちしております!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする