子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

カフェスタッフの保護猫かぼす、尿路閉塞の治療開始しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

平成28年1月、管理センターにスコティッシュフォールドが迷子収容されました。

迷子期間が終わっても飼い主は現れなかったため、

にゃぱんで保護し、すでに発症していた遺伝病、骨軟骨異形成とともに戦うべく、

当会で終生保護することに決めました。

迷子収容でしたが、迷子の届け出も無く、捜索された気配すら無く、恐らくこのパターンは遺棄です。

厳寒の1月の札幌の街をさまよったかぼすの白い脚は、野良猫のように黄ばみ汚れていました。

表情からも、その不安は見てとれました。

(当時のかぼす)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下段がかぼすです。

当初はトイレから全く出てこず、

威嚇したり、噛むこともありましたが、数週間でよく会う人には慣れました。

今は怯えているけど、本当は人のことが好きなのだと確信し、

H27年のオープンデイ、そしてカフェのスタッフとして、日々いろんな方と接する機会を設けてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

不安そうにしています。

DSC_0289

徐々に人なれしていったかぼすですが、激変したのはカフェで運命的な出会いをして数ヶ月。

カフェオープン当初から来てくださっているお客さんのなかで、

かぼすに一目ぼれした方がいました。

かぼすのことが気になって通い始め、一定距離を保って見守るりすること数ヶ月。

だんだんかぼすの表情が穏やかになり、

それまでおもちゃで遊ぶとか、じゃれるとか全くしなかったかぼすが、

じゃれたり遊ぶようになり。

そして、そのお客さんが持ってくるブランケットや、彼女のジャンパーに

もぐって寝るようになったのです。

にゃん太。もそうでしたが、猫の心を開くのは愛とか、恋とか、

そういうものに近い想いなのかもしれません。

その方のことは、常連さんのなかでは「かぼママ」と呼ばれているらしく、

私もその呼び方と、本名まぜまぜで呼ばせていただいてます!

そして、ここから本題ですが、

年明けぐらいからちょっとかぼすの様子が、気になり始めました。

おしっこを失敗したり、ちょっとイライラしていたのですが、

ほかの猫と喧嘩したりして傷ができたりしていたので、そのせいかなと思っていました。

実際、血液検査もしていただいて、全く異常なく。

先生が見ても怪我はイライラするのに十分なものだったそうで、

そちらの治療をしていました。

しかし、数日前、常連さんのお客さんから、

かぼすが、水をうまく飲めてないようだ

トイレに何回か出入りしている、などの気になる情報を教えていただき、

夜間個室に隔離して様子を見ることにしました。

特に、目だって元気がない様子ではなく、ごはんも普通に食べていたと思ったら、

28日の夕ご飯、ほんの少ししか食べなかったのです。

おなかを触ったら、結構張っている。。。

翌朝、どっちにしても病院に連れて行くつもりで、

最後の証拠を得るため、隔離部屋に少し水を置き、帰宅。

翌朝来て見てみると、水は減っているのに、おしっこの跡がありませんでした。

絶対詰まっている!!

と確信して病院へ。

DSC_0429

先生がおなかを触ると、すぐに詰まっていることがわかりました。

DSC_0430

おしっこを抜いて、麻酔をかけ、尿道カテーテルを留置して治療する必要があるとのこと!

日帰り入院で、お願いしてきました。

かぼす。。純血種、そして遺伝病の宝庫であるスコティッシュは、内臓疾患も患いやすい。

去勢オスで6,7歳となれば、リスクは高いといえます。。

DSC_0431

かぼす、頑張れ!!と祈りながら、カフェを通常通りオープンし、

14時過ぎごろ、病院から電話がかかってきました。

どきどきしながら出る・・!と、

かぼすくんの処置は無事に終わりましたよ~。

16時以降にお迎えお願いします。

と、看護師さんより教えていただき、ほっと一安心しました。

今後、PHコントロールのみの食事になることは間違いないと思いますが、

その中でもどのラインナップがいいのか(新商品もでてるよ!とかぼママも調べてくれました)先生と相談してきたいと思います。

かぼすが、経過よく治療していって、早く元気になり、

また、たくさんのお客様と元気に遊べるようになるように、

みなさまの暖かい応援を、よろしくお願いいたします!

DSC_0177

かぼすを応援する!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする