子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

シャムっこ、里親さん決まり引っ越しました!【1月7日】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

去年7月7日に保護した、シャム色のお母さんと、黒猫の娘のうち、
シャム母親が本日譲渡となりました!

保護直前に、保護主さんが虫を払おうと、手をぱっぱと振ったところ、
その動きがえらく怖かったようで、人を怖がるようになってしまったシャムっこ。

保護時は、攻撃こそしてこないものの、怯えていました。

↓保護した直後のシャム親子

それから数か月、篠路の一番静かなケージで人に慣らす「馴化」を行い、
人やほかの猫に興味を示すようになってきたところでカフェに連れてきました。

避妊まで間に合わず発情が始まったりと多難で、
皮膚も弱く、舐めて擦り傷にしてしまうシャムっこでしたが、
おっとりした、少し気怠そうな瞳や
丸い顔やかぎしっぽが、本当にかわいい猫でした。

dsc_0246

避妊直後

去年の暮れに、新しく入ったボランティアさんが、
同時に里親も希望していて、そのときいた猫とお見合いしたところ、

シャムっこに惚れ込み、1,2週間相談したのち、
引き取りを決めてくれました。

親子や兄弟はなるべく離さずに譲渡できるようにしているのですが、
今回はこのボランティアさんがシャムっこを、
49頭多頭飼育崩壊の「おとちゃん」の里親さんがくろっこを、
ほぼ同時に、それぞれ迎えたいと、何か運命的なものを感じるタイミングだったので、別々の譲渡に踏み切りました。

7月7日に保護し、
1月7日に譲渡。そして最後の定期報告の予定日が、保護日でもある7月7日。

赤い糸としか、思えませんよね!

dsc_0209

幸せなおしり

くろっこもわかっているようで、
シャムっこと離れても寂しがる様子はありませんでした。

最後に親子でハンモックに揺られて、
自然界では、親子はいつか離れるもの。

すごく自然な姿を見せてもらった気がしました。

シャムっこ、長い間ありがとう!
幸せになれるよ!

里親さん、シャムっこをよろしくお願いいたします!

dsc_0210

他にも里親さん、新しい家族を待っている猫たちが居ます。
是非、猫suncafeに会いに来て下さい!

↓にゃぱんの応援宜しくお願いします!
gd_r_234x60

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする