子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

由仁中学校の生徒さんが猫sun cafeで生涯学習!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

9月中旬に、動物保護NPOの代表さんから電話がありました。

「由仁中学校の学生さんが生涯学習のために来る予定だったんだけど、都合が悪くなり対応できなくなった。そちらで受け入れてもらうことは可能ですか」

という内容でした。
話を聞くとその代表さん、私たちも以前お世話になった札幌の保護団体「ねこたまご」さんの代表さんに相談したところ、にゃぱんさんはどうだろう?と紹介してもらったとのことでした。有難う御座います!

当法人の活動の趣旨で、老若男女が、さまざまな所属や年齢・性別を越えて手を取り合える団体を目指して取り組んでいる背景もあり、喜んでお受けさせていただくことになりました。

超高齢化社会へ突入している現代、次世代を担う若者たちに、
どんどん動物と触れ合っていって欲しいと、常日頃から考えています。

当初、学校の時間的なご都合(夕張からバスで行き来されるので帰り時間が早い)で、
朝9:30くらいに行ってもいいですかという相談だったのですが、

こちらの都合上、9:30にはどうしても間に合わなく、10:30にしてもらいました。

9月にお話をいただいたので、資料くらい作っておこうと思ったのですが、
連日の業務と保護に追われて、思いのほかバタバタしてしまい、質問への回答事項の根拠を調べるので精いっぱいで資料まで手がまわりませんでした。

そのかわり、といってはなんですが、
学生さんから事前にいただいていた質問事項にこたえる形で
興味の隙間を埋めて、何か一つでも納得して帰ってもらえるように
準備をしました。

迎えました当日。

10:30に間に合うように、
ボランティアさんのMさんに早く来てもらって一緒にお掃除。

慣れている&朝強い方なので、すごく助かりました。

学生さんは、予定時間ぴったりの到着で、挨拶もとてもしっかりしており、
今回の意気込みを感じました。
まずは簡単に、猫sun cafeの仕組みをお話しして、
では、2Fでゆっくり勉強しましょう~とご案内です。

dsc_2134dsc_2135

2Fの真ん中あたりに陣取って、
講義を始めました。

最初に、学生さんが事前に送ってくれたレポートに対して個人的な感想を述べました。
皆、一生懸命調べて勉強したんだなと感心したんです。
H26のデータですけど、きちんと殺処分数の数を調べてたり、
殺処分数の推移について考察している学生さんもいました。

殺処分がなぜ行われるのか、
どうすれば殺処分が減るのか、
そもそも動物の命を奪う権利が人間にあるのか…

そんなことまでよく考えてくれていました。

中学生たちが自分の力で、ここまで調べている事に、
正直、びっくりしたし、そして非常に嬉しかったことを伝えて、
質問事項への回答にうつります。

dsc_2138 dsc_2141 dsc_2149

学生さんは4人、一人4~5個くらい質問がありましたが、
時間内になんとかすべて答えることができました、よかった!

動物保護、殺処分、
ペットショップ、ブリーダー、行政。
色々な仕組みや関係が動物の命を左右する現実の中で、
若い世代の方と、「どうしたら人と動物は共生できるのか」というテーマについて
話し合う機会が持てた事は、当法人としても大変有意義な機会でした。

私たちが保護しているのは主に猫ですが、
動物愛護を考える上で、おそらく一番重要なのは人間の意識と
システムの問題。

自分が良ければいい、
かわいそうだけど自分には関係ない、

そういう自分のことばかり考えている人が結局動物を不幸にする。

そうではないんだよ、
本当はこうだよ、
現実はこうだよ、と

これからを担う若い方々も、
今まさに力のある中堅も、
知恵と経験が詰まった年配の方も、それぞれ力を合わせて
人と動物を取り巻く暮らしが良くなるように伝えることを続けていけたらと思いました。

そして、保護団体としては、システムづくり。
殺処分が行われたり、
動物が遺棄されたりする仕組みの根本から解決できるシステムを築き上げる必要があると考えています。

講義の後は、ボランティアのMさんに猫のトイレ掃除を指導していただき、
学生さんに実際に体験してもらいました。

dsc_2159

dsc_2174 dsc_2173 dsc_2176 dsc_2179

この日の生涯学習で、学生さんが動物を取り巻く現実を少しでも知ることができ
将来の役に立てることができたら、嬉しいなと思っています。

遠くからはるばる来てくれた由仁中学校の学生の皆さん、
また、機会を与えてくださった先生方、NPOの方、紹介してくれた団体の代表さん、
朝早くから協力してくれたMさん、

本当にありがとうございました!
熱心な中学生の姿勢、優しくバックアップする先生や学校に触れ、
私たちの方こそ、いつもとは違うルーチンで猫や諸問題を考える事ができ、
勉強させて頂きました。

貴重な一日になりました^^

また来て下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする