子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

独眼竜さくらちゃんを民間から保護しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

5月は民間よりもう1件保護しています。

家の敷地に子猫が横たわっていたので見過ごすことができず、
やせ細っていたので食べ物を与えケアしていましたが、
よく見ると、左目が白く、左足も不自由だとのこと。
食欲はあり、最初こそフーと威嚇したそうですが、
数日でごろにゃーんとするほどに慣れた。
しかし、保護主さんは常時家族の介護をされており、
この子を保護して飼育してあげることができないが
なんとか助けてあげたい、とのことで保護依頼をしてくれました。

八重桜が満開の時に来たので、

さくらちゃんと呼んでいたそうです。

DSC_0689

とっても綺麗な色で、とても可愛い顔をしてますが、
目に障害があります。
白いと聞いていたので眼球はあるのかと思ったら、
よく見たら眼球欠損しているようです。

猫の様子が落ち着き次第、検査や診察に行ってきます。

DSC_0686-01

保護主さん宅のおじいちゃんは、独眼竜・正宗と呼んでいたそうです
かっこいい!

にゃぱんには先住短足さくらちゃんが居るので、この子は独眼竜さくらちゃんと呼んでいます。

ハンデは眼だけではなく、足にも及んでいました。
骨の奇形ではなかろうかと思います。
※先生の見解ではなく、代表の個人的な予想なので信じないでください。

DSC_0688

でも、とっても人になれていて、
触らせてくれるし、目も合うし、
抱っこも短時間ならできる可愛い子です。

保護主さんが、たくさん愛情をかけてくださり、大事にされていたことがわかります。
繋いでくださり、本当にありがとうございました。

篠路のシェルターで過ごすか、白石区の猫カフェで過ごすかは
今後の適正や健康状態を見ながら検討していきます。

責任をもって、愛情をもって
快適なシェルター暮らしと里親さん探しをしていきます。

↓無料クリックでにゃぱんをご支援お願いいたします!
1日1回のバナークリック→「応援する」クリックしていただけたら嬉しいです。
gd_r_234x60

↓何かしよう!が支援になります。
bnr_c_2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする