子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

4月14日から4月19日までに4頭引き取り・保護しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

4月に入って保護した4頭のご報告をさせていただきます!

ご報告遅くなり申し訳ございません。

4月14日

飼い主さんがご病気で、ご友人の方がお世話してくださっていましたが
ご友人宅も多数の猫さんがいて長期的に飼育するのは
スペース的にも色々と厳しいことから
息子さんのご依頼で引き取りの運びとなりました。

茶トラのニャアちゃん(オス)と

_DSC0545

ハチワレのBeeちゃん(オス)です。

_DSC0527

この二人は、一年後に飼い主さんのもとへ戻ることを前提に一時的な保護となるため
里親募集はしません。
飼い主さんのところに帰る日まで、にゃぱんのメンバーとして過ごすことになりました。

まだ新しい環境に慣れていませんが、
慣れると遊び好きな二人だそうなので
カフェのほうで皆さんとお会いできるかもしれません。

現在、ニャアちゃんは押入れの物陰が落ち着く場所となり、
困り顔でこちらを見ていたり、
時々友達大好き!な馴れ馴れしい保護猫にびっくりして
「きゃあああああ」とすごい声でないたりしますが
保護当初よりは落ち着いて過ごしてます。

ごはんも食べ、先住保護猫と同じトイレにも行けるようになりました。

Beeちゃんは、保護当初こそ不安いっぱいのニャアちゃんに威嚇されて
別の場所に隠れたりしていましたが
今日はスタッフのデスク横に鎮座して、撫でるとゴロゴロしてくれます。
先ほど、自分から寄ってきてスリスリもしてくれました。

4月17日

飼い主さんがやむを得ない事情で飼育継続が困難になり、
飼い主さんのお姉さんとお兄さんがシェルターに連れてきてくれた女の子を保護しました。

茶トラのはなちゃんです。

_DSC0515

キャリーに入っている姿で初めて会ったとき、
ごめん寝をしていたことから可愛い子だなと思いましたが、
ケージに隔離するとトイレをお風呂のようにくつろぐ場所に使い、
はにわ顔でリラックス。

口に砂をつけてカメラ目線なはなちゃんにメロメロです。
(ごめん寝とは、ごめんなさいの姿勢で寝ているのでそう呼んでいます)

_DSC0518

寝湯ですのにゃ♪

はなちゃんは、性別以外ほとんど情報がなかったため、
環境に落ち着いたら病院に行って状態把握をしたのち、
里親さんを募集します。

食欲元気あり、トイレも失敗なくできています。
保護猫が近づいたり、撫でられるのに我慢ができなくなると、ふぁーあと軽く威嚇しますが
ふぁーと言ってみてるだけで本気の威嚇ではありません。

慣れるか、落ち着く環境下では穏やかに過ごせると思います。

4月19日

管理センターに8か月も保護されており、
人馴れができなくてなかなか里親さんが決まらず
銀色の個室でずーっと過ごしていたサビ猫を引き取りました。

_DSC0535

推定2歳くらいの女の子にとって、8か月はあまりに長い時間です。
管理センターに行く度に、怯えた様子、どこか諦めにも似た表情をしていて、とても気がかりでした。
少しでも慣れて本当のお家を探してあげたいと思います。

管理センターでは、キャリーに入れる際、獣医さんが皮の手袋をするほど
もともと威嚇が激しかったのですが、
キャリーの中ではシャーとかペッ!ではなく、
可愛くにゃーあと鳴いていました。

病院に直行してエイズ・白血病検査と駆虫をしましたが、
キャリーから何の問題もなく出せるし、
威嚇しないし、
処置も我慢できて、噛みもせず、
キャリーに戻すのもすんなり。
(エイズ・白血病は両方マイナスでした^^)

帰ってきて、ケージに移動もすんなり。
流石にぐいっと近づくとそっと威嚇されますが、
触れるし、他の保護猫とケージ越しに鼻ちゅんしたり

遠くない将来慣れると確認しております。

決して威嚇したのではありません。
あくびの瞬間を撮れました!

サビですが、淡い茶色がメインの優しめのきれいなサビです。
お顔もとっても愛らしい顔立ちをしています。

人馴れの具合を見ながら、里親さんを募集いたします。

ちなみに、サビちゃんのケージは、
チャイの里親さんから譲っていただきました!

_DSC0536

2段(仕切りは3階建て)の立派なケージでした。
先日のブログでも書かせていただきました通り、ケージはとっても不足していますので
大変助かりました!
おかげで、サビちゃんを保護することができました。

ありがとうございます!
保護活動の為に、大切に使わせていただきます。

サビちゃん、ご飯は残しがちで小食と聞いていたので
支援物資で頂いていた、懐石をあげました所、
一皿完食していました!

にゃぱんでは、色々なご事情で急に猫を飼育できなくなった場合のご相談に対応しています。

猫に愛情を持ってる人ほど、飼育困難な状況になった時思い悩んでいます。
そんな時は、相談だけでもしていただけたらと思います。

猫と人のより良い関係と幸せの為に!

↓無料クリックでにゃぱんをご支援お願いいたします!
1日1回のバナークリック→「応援する」クリックしていただけたら嬉しいです。
gd_r_234x60

↓何かしよう!が支援になります。
bnr_c_2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする