子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

負傷した子猫を保護しました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

4月1日、チェルシーの保護主さんより1本の電話が入りました。

「怪我してる子猫を保護した」

という内容でした。
すぐに状況を教えてもらいました。

奥さんが近くの薬局に買い物に行こうとしたが、
急いで戻ってきた奥さんは子猫を抱えていたとのこと。

横たわっていたその子猫は怪我をしており、
すぐに動物病院に。

口の中、上唇に怪我があり、
身体は汚れて異臭を帯びている。
そして、ひどい猫風邪。

何度か拭いてあげたが、先生には洗っていいと言われ、
シャンプーしていただいたとのこと。

抗生剤と猫風邪の注射をしてもらい、
飲み薬をもらってくれました。

先にいただいた画像がこちら

1459488562677

その後、用事を早めに切り上げ保護主さんの所へ。

状態を確認すると、
身体は洗っていただいたにもかかわらずギトギトに汚れており
野良生活の悲惨さを物語っていました。

寝ていましたが、声をかけると大きな声で鳴き、
何かを訴えていました。
抱き上げると、顔にすり寄ってきて、ごろごろとアピール。

口の怪我は出血こそ止まっていましたが、
左の下あごの歯が何本か折れ、上唇に化膿した傷がありました。

膿んで異臭を放っているのもありました。

車の中で確認した状態はこんな感じです

DSC_0230 - コピー DSC_0224 - コピー DSC_0225 - コピー DSC_0226 - コピー DSC_0228 - コピー

外の生活で何があったかはわかりません。
同じ猫にやられたのかもしれないし、犬かもしれないし、
鳥かもしれません。

月齢は推定3か月。

わかるのはその3か月の間に壮絶な体験をしたということです。
そして、そんな経験をしながらも人間を信用し助けを求めているということ。

保護主さんにハッチと名付けてもらったこの子を
しっかり育てていきたいと思います。

そして、今回も素敵なご縁があるように尽力したいと思います。

現在シェルターにて集中的にケアをしております。
人が通ると人を呼んで、
ケージの外に出たがり抱っこするとすりすりとすり寄ってきます。

保護主さんが繋いでくれた大切な命。

ハッチが安心して過ごせるよう頑張ってまいりたいと思います。

保護主さん、命のバトンを繋いでくださり
本当にありがとうございます!

↓無料クリックでにゃぱんをご支援ください!
1日1回のバナークリック→「応援する」クリックしていただけたら嬉しいです。
gd_r_234x60

↓何かしよう!が支援になります。
bnr_c_2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする