子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

2月22日猫の日オープンデイナイトの様子です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

去る2/22、最近ではにゃんにゃんにゃんの日と読んで

「猫の日」

とされています。

そんな猫の日にあやかって、オープンデイナイトを開催いたしました!

平日にも関わらず、15名前後の方にお越しいただきました。
ありがとうございます。

これで、10回目のオープンデイナイトですが、
ぜひ22回目には、にゃんかいめ?オープンデイナイトができたらと思っています。

今回は、遠くからお越しくださったソラちゃんの里親さん、
1453469449761
今月ルイちゃんの里親さんになってくれた常連さん
_DSC9935

にゃぱんのボランティアさん、おなじみの方の他にも、

地域の住民の方や、里親になることを考えているので話を聞きたい方など
いろんな方にお越しいただきました。

DSC_0740

開放スペースでは、保護猫と実際に遊びながら
保護について、活動について知っていただけます。

おやつタイムは保護猫と急接近できるチャンス!

おやつは1個100円(会員さんは無料)でチャリティー購入していただき、
保護猫に振る舞います。

パルボから生還した黒猫フランは特におやつが大好きで、
食器の音で猛ダッシュしてきます。
きっとこの食への執着が、パルボを乗り越えた強さだったんですね。

爪切りなどはしていますが、
予想できない急な動きをすることもあるので
おやつタイムの時には気を付けていただいています。

DSC_0741

そして、気付いた方はいますでしょうか?

前回、前々回は半分電気の無い状態でしたが、
ようやく半分シェルターの照明が蛍光灯から、ペンダントライトに変わりました!
見た目にも可愛く、白熱電球の光で温もりある印象になりました。

DSC_0747

暗い、まぶしいなどありましたらご遠慮なくお申し付けください。

出勤保護猫ですが、
前回から、1月末に尿道拡張の手術を受けました古株のこぶが
オープンデイナイトに出勤しています。

もともと激しい人見知りで参加できなかったのですが、
入院、手術を経て性格が激変したのか、
食事が療養食しか食べれなくなったため1Fで飼育していることもあるのか、

DSC_0750

2010年札幌管理センターから引き取った「こぶ」5歳にして人見知り改善される!?

オープンデイナイトに問題なく出勤できるようになりました。

人が少ないと、なでてーとアピールする場面も。

DSC_0749

気になっているけど、初めてだから…というかたも、
まずは気楽に保護猫と遊びに来てください。

保護猫と遊んですごせるオープンデイナイト、
次回の開催は3/6(日)です!

シェルターのBGM用としてラジオ・ラジカセを探しています。

使っていない、ラジオやラジカセを譲ってくださる方いましたら
ご連絡下さるか、シェルターまでお持ち頂けたら助かります。
よろしくお願いします!

事務局/保護シェルター

札幌市北区篠路9条6丁目1-3

(代表)011-214-0610
080-5652-5827

Mail info@nyapan.jp

↓無料クリックのみで簡単に支援していただけます。
1日1回のバナークリック→「応援する」クリックに、ご協力お願いいたします。
gd_r_234x60

↓何かしよう!が支援になります。ご協力お願いいたします。
bnr_c_2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする