子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

2月1日、いちとみこ、里親さん宅へお引越ししました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

地域に住み着き、
冬頃からガレージの出入りを繰り返していた黒猫一家を
保護主さんが捕獲・保護したため、
にゃぱんで里親募集を手伝ってほしいと依頼があり募集していた
黒猫の「いち」「にこ」「みこ」

子猫の「いち」「みこ」兄妹は、1/31に無事里親さんが決まり、
2/1にお引越しが完了しました。

里親さんは、もともと雄雌の黒猫を飼っていたそうですが、
20歳近くまで生きて大往生したそうで、
猫がいない生活は寂しいとのことと、

猫を探しているときに、ちょうど前に飼っていた「黒猫の雄雌」と同じ
というデジャブに運命を感じ
電話してくれたということです。

お見合いでは、先に行った代表にはふぁーと威嚇していたいちみこちゃんでしたが、
里親さんには全く威嚇しないで、興味ありげに見つめていました!

迎えたお引越し日。

保護主さんでもあり、預かりボランティアさんのお宅に伺い、
いちみこちゃんをキャリーへ。

それまで食べていたフードと、
「お赤飯炊いたのでよかったら」と人間用にお赤飯をいただいて出発!

保護主さん、いちみこちゃんがお嫁にいくのを祝ってお赤飯を炊いてくれたんだそうです。

里親さんのお宅では、
まずは、キャリーの安心した環境で、部屋の環境に慣れさせるため、
キャリーのまま譲渡契約を行いました。

DSC_0536

譲渡契約終わって、お部屋へ!

↑キャリーをあけたところです。

おとなしく撫でられています。
ちょっと怖くて、なかなかキャリーの外に出られず…

DSC_0535

むにゅうう
そうこうしているうちに、いちが先に出ました。

そしてダッシュ!
光の速さでソファーの下に隠れました。

DSC_0543

もともとストレスフリーでもないので、
慣れるまで安心できるところでそっとしておくのがよさそうです。

DSC_0545

里親さん、かごやベッドをいろいろ用意してくれていたので、
きっとそのうち気づいたら使っているのでしょう。

毎回アドバイスさせていただくことですが、
焦らない&食べ飲み排泄には注意が大事です、とお願いしました。

これは、いちみこのために用意してくれていたタワーです。
おそらく、ここが隠れ家になるとわかったら入ると思います!

DSC_0546

そして、保護主さんが、
いちみこ一家がガレージを出入りしていたころから使っていたというベッドをくれたので
このタワーの上に置きました。

環境が大きく変わる中、
少しでも大好きな安心する環境を整えたいという配慮です。

里親さん、時間はかかるかもしれませんが
ゆっくりいちみこと仲良くなってください。

命を繋いでくれ、飼育してくれた保護主さん、
その命のリレーをバトンキャッチしてくれた里親さん

ありがとうございます!

そして、いちみこ。
早く慣れて、いっぱい甘えて、可愛がってもらってね!

里親さん、いちとみこを宜しくお願いします!
幸せが訪れますように。

DSC_0538

↓無料クリックのみで簡単に支援していただけます。
1日1回の「応援する」クリックに、ご協力お願いいたします。
gd_r_234x60

↓何かしよう!が支援になります。ご協力お願いいたします。
bnr_c_2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする