子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

1月28日民間保護の6頭、感染症検査しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

今日は、昨日保護した6頭を病院に連れて行きました。

今回は6頭が複数群(同腹の兄妹じゃないかもしれない)の可能性があったので
ワクチン、駆虫、検査、避妊去勢の相談をしに動物病院へ行ってきました。

推定年齢は、
6か月くらい→ハチワレ長毛ちゃん
5か月ぐらい→茶トラ+口元だけ白ちゃん
4~5か月→茶トラ、茶白、三毛、キジジロちゃん

です。

ミミダニは(-)ですが、
相談の結果、今日は駆虫とFIV、FeLVの検査をすることに。

DSC_0476

駆虫。

この正統派茶トラちゃんは、うなじにかさぶたのようなものがあり、
顕微鏡検査では何も出なかったのですが、
症状から疥癬かツメダニが疑われました。

DSC_0469

患部の皮膚を少し削りとり、検査します。

DSC_0470

ツメダニは、おなかを中心にごろごろしたかさぶたができるそうで、
この場合は駆虫が厄介なので、
別の駆虫薬を使わなければならないから様子をよく見てくださいとのことでした。

他の子は今のところ何も見つかっていませんが、
寄生虫は発見が非常に難しく、便検査が全く異常なくても
数か月後などに虫が出てくるケースも多いため
全員駆虫を行いました。

FIV(猫エイズ)とFeLV(白血病)の検査結果です。

結果が出るまで、ドキドキ心配です。

1頭ずつ、全頭行いました。

①茶トラ
→両方陰性!

②茶トラ+口白
→両方陰性!

③茶白
→両方陰性!

④三毛
→両方陰性!

⑤キジシロ
→両方陰性!

⑥ハチワレ長毛
→両方陰性!

ということで、全員FIVもFeLVも陰性でした!
よかった!

DSC_0473

赤いのは、採血量が遠心分離するほどとれなくて、全血検査した場合です。

DSC_0474

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それと、今日知りましたが、
茶トラはオスのほうが圧倒的に多いのだそうで
3匹とも茶トラメスなのは珍しいと言われました。

皆さんご存知でしたでしょうか。

三毛の子は、猫風邪症状が出ていたので、
点眼対応と、お薬を飲むことになりました。

先ほどまで、女子部屋と男子部屋で掛け声をかけあいにぎやかでしたが、
女子部屋にバスタオルで目張りをしたところ落ち着きました。

今は、それぞれ身を寄せ合って寝ています。

キジシロちゃんは、早くもお見合い希望をいただきました!

_DSC9935
良いご縁となりますように^^

↓無料クリックのみで簡単に支援していただけます。
1日1回の「応援する」クリックに、ご協力お願いいたします。
gd_r_234x60

↓何かしよう!が支援になります。ご協力お願いいたします。
bnr_c_2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする