子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

ご支援、ご寄附ありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

ご支援、ご寄附ありがとうございます!

皆様が差し伸べてくださる応援のおかげで、
保護猫がおいしい食べ物を食べることができ、
必要な子は病院にかかり、
また次の命を救う活動につながっていきます。

この場を借りて、心から御礼申し上げます。

——————————————————-

【物資のご支援】

Hiさまより
DSC_0344

_DSC9685

Hさまはチェルシー一家の預かりボランティアさんです。
お手伝いだけでなく、猫のことも人間のことも気配りしてくださってお気遣いいただいています。本当にありがたいです。
人間用には、冬至のかぼちゃとクリスマスロールケーキをくださいました。
人も猫も、という考えは私たちの活動の目標とも合致しています!心強いです。
ですが、次回からは人間用はお気遣いなく!来てくださることで充電させていただきてます!

人間用といえば、ボランティアさんのNaさんもフルーツ大福を差し入れてくださいました。
皆さん猫にも、人間にもお気遣いくださり、
敬意を込めて感謝いたします!

Uさまより
DSC_0343

Uさまは極度の猫アレルギーで、ほんの少し毛に触れただけでも目の周りや顔が赤く腫れあがってしまい、ひどくなると呼吸困難にもなってしまうのに
猫が好きで保護にご協力くださったり、物資のご支援をしてくださっています。
このように熱意のある方と接すると、頑張らなきゃってすごく責任感というか、
やる気が出ますよね!

Kiさまより
03 02

いなばの本格だし12個入りは、はじめましての方がくださいました!
はじめましての方もご支援くださることはとても嬉しいことです。
この活動がもっともっと、広く一般に知られて、不要な殺処分という仕組み自体がなくなればいいと思います。
Kさまは実はシェルターの大家さんです。
私たちの活動のことを理解してくださり、応援してくださっています。
大家さんのご理解とご協力には、本当に感謝です。

Ka.Kさまご一家さまより
01

はじめましてにも関わらず、大きな紙袋いっぱいに物資のご支援をいただきました。
中には、猫草セットというレアなものも!
こちらのご家族連れのお父様がペット関係のお仕事をされていて、
譲渡会やペットグッズの販売についてもとても心強い助言や励ましのお言葉をいただきました。
また、大家さん一家もお子様と一緒に来られることがほとんどなのですが、
私たちは動物との触れ合いを通して命の大切さをはぐくみ、
こどもの情動教育にも寄与したいと考えております。

是非、ご家族で、またお子様と一緒に、遊びに来てください。
小さいころから動物と過ごしたお子様は、
そうでないお子様と比べて非言語的コミュニケーション能力が高いという研究結果がでています。

Kiさまより
_DSC9663

Kさま続いておりますが、こちらはポピー(娘ちゃん)とティーナ(シングルマミン)の里親さんで、お世話になっている動物病院の獣医師さんご夫婦です。
動物病院のご協力、またご協力に結び付けてくださったO先生、K先生がいなかったら現在のにゃぱんはなかったと言っても過言ではありません。
それだけでとてもありがたいのに、よく足を運んでくださり、差し入れをいただいて本当に頭が上がりません。
今回は、クリスマスプレゼントに!ということでいただきました!
保護猫が大好きなラインナップをそろえてくださいました。嬉しいです。

Kuさまより
_DSC9631

この方は、2回目開催くらいからほぼ毎回来てくださっている常連さんです。
今回はクリスマスプレゼントの紙袋に、猫用おもちゃとシーバを詰めてプレゼントしてくださいました。いつも募金箱に募金いただいたり、応援してくださっているサポーターさんです。
手持ちの猫のおもちゃは、にゃぱんでは主に100均のおもちゃが多かったので
立派な羽毛がしっかり生えている高級おもちゃは猫たち初めての体験でした。
嬉しすぎてハッスルしてました。
ひとつは、棒の両サイドからおもちゃが揺れるタイプだったので、
2匹同時にじゃらせる優れもの!にゃぱんでもこういったところからヒントを得て、
おもちゃ制作やグッズ制作も今後取り組みたい活動の一つです。

皆様の力を合わせるとこんな感じです!

04

圧巻です。

私たちは、このようなご寄附やご支援を主な資本として活動しています。
皆様の持ち寄ってくださったお心遣い、猫への思いが
保護活動になっているのです。

ご支援なくしては、非営利である私たちは活動を展開することはとても困難です。
どうか、今後とも、少しずつでも構いませんのでお力を貸してください。

そして、もしこれを見て、自分も何かしてみようかなと思ってくださった方へ、
そんな人が1人、2人、と増えていくことが、
現在の保護活動はもちろん、大きく膨らんで動物愛護活動に発展する原動力となります。

猫のおやつ1つからでも、
ワンコイン募金からでも、
1日1回のクリックからでも!活動を盛り上げるためご協力をお願いいたします!

全ては、人と動物の幸せのために。

↓無料で、1日1回のクリックで簡単に支援していただけます。ご協力お願いいたします。
目指せ週間30000P!
gd_r_234x60

↓何かしよう!が支援になります。ご協力お願いいたします。
bnr_c_2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする