子猫、猫、札幌を中心に里親探し、飼育保護をしています。

保護猫ぶんた2歳になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

千葉県動物管理センター東葛飾支所

2年前の7月、千葉県動物管理センター東葛飾支所より「ぶんた」生後約10日を
引き取って来ました。

当時は千葉県に住んでおりました。
勤務先で、「乳飲み子を路上で保護して一晩面倒みたけど飼育ができず、
管理センターに届けたが気がかりで仕方ない。誰か飼育してくれる人はいないか」という話が
私のところにも回ってきて、ならば私どもが保護するという経緯でした。

当時の動画がありますので良かったらご覧ください。

今では一番かっぷくのいい猫になっています。

ぶんた約1歳の頃

ぶんた

今日の札幌の気候がなんとなく保護した日に似ていて、譲り受けに行った
ぶんたと出会った場所でもある千葉県動物管理センター東葛飾支所を思いだしました。

保護した日、印象深かった事が2つあります。

1つは施設の雰囲気です。

築年数や気候、土地的な要因だと思いますが(にぎやかな船橋市、発展著しい鎌ヶ谷市、松戸市、)に囲まれている中でも
いかにも僻地という場所に施設があり、古い昭和初期の建物感に加え、
管理センター=殺処分とういうイメージが当時はあり、
とてもどんよりとした悲しい雰囲気を感じたのでした。

くわえて、夏でとても蒸し暑く、奥には森がうっそうとしており、
蒸し暑い嫌な風が流れていて重い雰囲気にプラスした気がしました。

慰霊碑もとても年期が入っており、多くの犬猫たちが殺処分された事を物語っている気がしました。

札幌に引っ越して来て、実際に見た管理センター札幌福移支所は、東葛飾支所に比べて
とてもこざっぱりと小奇麗に感じた事を覚えています。

北海道のように雪の時期などがなく、人口や犬猫数も圧倒的に違いもあり
雰囲気にもこのような違いが出てくるのかなと感じました。

千葉県東葛飾支所自体は柏市にあります。
近隣の船橋市は最近ではふなっしー人気で全国区になりましたね。
同じく近隣の鎌ヶ谷市には、北海道ファイターズの2軍球場があります。
ファイターズの2軍球場は船橋市との境目にあり、
全国47都道府県ある中でも、この付近と札幌は何か縁を感じます。
斉藤祐樹投手が2軍に居た時期は鎌ヶ谷の2軍球場もファンでにぎわっていたのを覚えています。

2つめは「本来ならこの位の月齢の子は渡していないのですが」という言葉です。

当時は違和感を覚えた言葉ですが、今思うと解ります。
乳飲み子を育てた経験が無ければ渡しても、死なせてしまう可能性が高いし
当時は知らなかったのですが、付近には長年活動しているNPO保護団体がいくつもありました。

私たちが譲り受けなくても、こちらの団体に連絡が行ったりしたのだと思います。

しかし、もし私たちが引き取りに行かなかったら…
    乳飲み子の多い夏場です。どこの団体も受け入れ数がオーバーしていたら…

この保護した「ぶんた」が、ものすごく懐っこく、外出から出迎える、一緒に寝る、一緒にTVを見る
などは当たり前で、風呂にも入れば犬とじゃれたりと、猫って気まぐれであまり懐かない
っていうイメージを変えてくれたきっかけの子です。

乳飲み子は殺処分対象です。
あの日引き取りに行っていなかったら
今、ぶんたは居なかったかも知れません。

最近、よく思う事のひとつに保護活動をしていく上で、いかにセンターへの持ち込みを減らし
いかに保護猫を家族の一員として迎え入れる選択肢を社会に広めていくか、
保護団体や保護活動をしている人の存在を社会に認知してもらうかという
PRの重要性を感じています。

036

3男の銀次を迎えた時のぶんた。 この頃は長男「こぶ」と犬の「こっちゃん」以外に
免疫が無く、銀次に警戒していました。
銀次の昼寝中にこっそりと様子をうかがっています(笑

2年前の夏、路上に捨てられ兄弟は車に轢かれて亡くなっており、
1頭だけ生き残ったけど管理センターに持ち込まれた「ぶんた」。
今は事務局に常時いる8人兄弟+保護猫たちの次男として元気に過ごしています。

動物管理センターに持ち込めば、
札幌市には収容期限こそありませんが、収容数には限りがあります。
引き取り手が現れなければ…
子猫などは風邪でも治療しなければすぐに悪化し亡くなります。
管理センターでは十分な治療は受ける事は出来ません。

安易でも考えた末でも理由は問わず、持ち込む事自体を減らして行きたいと考えています。
その為にはどうしたらいいのか、日々考え取り組んでおります。

HPをお持ちの方、殺処分0へ向けて侍にゃぱんのHPへリンクを
貼って頂けたら、保護猫を家族の一員として迎える選択肢を広め、
新たな家族を探してる・待っている猫たちのとても強力な助け・支援になります。
宜しくお願いします。

にゃぱん写真部で猫の写真を少しずつですが掲載しています。
また、皆さまからの投稿もお待ちしています!

ジャパンギビング

殺処分0を目指して頑張っています、
皆さまのご協力をお願いします。

一頭でも多くの猫たちが新しい家族、里親さんにめぐり合えますように!
HPへのリンクにご協力よろしくお願いします。

猫の里親募集NPO法人侍にゃぱん札幌

里親さん募集している猫たち

支援金寄付金のお願い

支援金 寄付金のお願い

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。