猫パルボについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Bookmark this on Google Bookmarks
[`twib` not found]
LINEで送る

2015年6月に当会で保護、飼育している仔猫が猫パルボで陽性反応が出たのを機に
対策や対処、治療方法を調べていました所、2015年5月頃から全国で猫パルボの
感染拡大が認められているとの情報を得ました。

猫を飼われている方、保護活動をしている方や団体にとって
注意すべく病気のひとつですが、正しい知識と早めの処置により
感染防御、感染した個体の生存率を上げる事が出来ます。

猫パルボウイルス感染症の予防には、ワクチン接種が有効です。
ワクチン未接種の猫がいるご家庭は、動物病院で健康診断を受け、
ワクチンを接種する時期や回数について相談する事を強くお勧めいたします。

成猫になってからも、年に1度のワクチン接種を欠かさずに行いましょう。

・当会で感染した仔猫の発症の様子は、食欲不振が見られた翌日、嘔吐と下痢をしました。
   また、進行すると便から特有の酸味を帯びたような匂いがします。

・猫パルボウィルスに直接効く治療薬は無く、対処療法や支持療法が中心となりますので
  これらの症状が見られた場合、早めに動物病院にて受診する事をお勧めします。

・他への感染を防ぐため、キャリーの消毒。便や被毛・触れた飼い主の手を媒介し
  感染する可能性もあるため、感染の疑いがある猫を通院する際には
  便や尿をすばやく片付け、消毒する。使い捨て手袋を携帯するなど、注意を払って下さい。

当会では、消毒剤に「ビルコンS」を水1ℓに対し粉末2gの割合で希釈し、
スプレー容器に入れて使用しています。

乳飲み子保護時は、最低2週間、隔離飼育と消毒の徹底、防護服、
使い捨て手袋着用、飼育担当者限定、飼育部屋で使用した物は全て飼育部屋でのみ使用して完結、
(キャリーは感染した仔猫専用にし、使用の度に消毒)などの対策をしています。
これらの対策により猫パルボに感染していた仔猫以外には感染を防ぐ事が出来ています。

別部屋で保護・飼育していたワクチン未接種の生後1ヶ月半の仔猫、
ワクチン1回接種の2ヶ月の仔猫の検査をしましたが共に陰性。
感染が認められた仔猫6匹中4匹は残念ながら亡くなりましたが、
2匹は嘔吐は止まり、便も水下痢から軟便になり回復の兆しが出て来ました。 
※ 2015年6月23日(火) 現在。

猫パルボについて学術的資料がありましたので記載します。

猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症/FPLV)について Feline panleukopenia

猫パルボウイルス感染症は、犬パルボウイルス感染症と同様、非常に死亡率の高い病気です。
ワクチン未接種で免疫のない個体への感染率はほぼ100といわれ、
とくに幼弱猫の死亡率は75~90%になるというデータもあります。
犬のパルボウイルスとは遺伝子的に近縁であり、猫は犬のパルボウイルスに感染することもあります。
犬では1歳未満ではより感染しやすいといわれていますが、
猫では年齢に関係なく感染のリスクが高いと言われており、
下痢が認められた場合にはパルボウイルス関与の可能性も否定できません。
主な症状は嘔吐下痢ですが、消化器症状が認められるのは感染の末期で、初期は発熱や食欲不振という、
その他の病気と区別のつかない一般的な症状を呈することもあります。
経口的に感染したウイルスは、咽頭・扁桃のリンパ組織で増殖し(感染0~2日)、
その後血中に入ります(ウイルス血症:感染1~5日)。
その後、骨髄・リンパ組織・心筋や小脳・小腸などに到達します(潜伏期間として2~14日間)。

この病気はパルボウイルスが直接的な死因となるのではなく、多くの場合は下痢による脱水、
そこから起こる二次的なエンドトキシン血症により死亡すると言われています。

ウイルスの特徴

・非常に安定したウイルスで、環境中で3年間は生存し、室温以下では1年以上感染性を保持、
 30℃以上の外気温でも、数ヶ月以上生存すると言われています。

・一般的な消毒薬にも強い抵抗性を示し、グルタルアルデヒド系消毒薬、塩素系消毒薬が有効とされています。

感染経路

感染個体の糞便、ノミなどの媒介物、ケージ、食器、フードそして被毛にいたるまでが
感染経路となりうるため、適切な消毒薬を適切な方法で使用することにより、
感染拡大のリスクを減らすことが出来ますが、消毒だけで感染のリスクを排除することは
非常に困難です。
作業に従事する人が媒介者となる可能性があることを念頭におき、可能であれば、感染個体を
別の部屋に隔離、そこに入るスタッフも限定し、白衣やエプロン、室内履きなども、隔離部屋専用のものを用意します。
感染個体に使用したタオルなどはすべて廃棄し、再使用しないようにします。

診断

診断は主に糞便中のウイルス抗原を検出することによります。 
感染症状と糞便中の抗原はほぼ同時に検出されますが、この感染症に罹患した個体は
症状を発現する約3日前からウイルスを排出することもあるので、注意が必要です。 
一見すると元気な個体の糞便のウイルス検査→陽性反応→数日後に症状発現→その頃には
周囲へもウイルスが拡散・・・ということもありえます。

簡易キットによるウイルスチェックの注意点

・現在使用可能なものは、犬のパルボウイルスを検出するキットである
・猫においては犬ほどウイルス検出率が高くなく、陽性であるのに検査で陰性と出る可能性がある
・検査において陽性反応は疾患の指標となるが、陰性でも除外できない
・生ワクチン接種後3~14日目は、ウイルス抗原が検査キットに偽陽性として反映される可能性がある 
・ウイルス株と野外株を区別する方法は、現時点では困難 
・ワクチンの影響の場合は、反応が弱い場合が多い
・ワクチン後であっても、強い陽性反応で、さらに疑わしい症状が認められる場合、
 あるいは感染している可能性が高いと考えられる場合には、信頼性が高い 

 シェルターや多頭飼育環境下においては、ワクチン接種後のものであっても、陽性反応が出た場合には
  深刻に捉え、陰性であっても油断しないことが重要。

感染からの防御

この病気から個体を守る唯一の方法は、ワクチンを接種(生ワクチン)することです。
※生ワクチンを選択する理由※
・免疫獲得が早く、免疫保持期間も長い
・抗体誘導力が強い
・細胞性免疫も誘導する
(移行抗体の存在する状態では、抗体が消費されるため、液性免疫だけでは不十分。細胞性免疫がある方が効果が高い)
・メモリーT細胞への反応性が不活化ワクチンよりも優れている
・ブースター効果も細胞性免疫の方が効果が高い
※感染防御と発症防御の抗体価※(犬パルボウイルス:CPVの場合)
発症防御;40~80倍  
感染防御;640倍以上
生ワクチン接種後、通常は約3日目以降に免疫力の上昇が認められ、約2週間程度で感染防御のレベルに到達します。
しかし、ワクチンを無効化(ワクチンブレイク)するいくつかの要因(下記参照)もあるため、追加接種の必要があります。
(ワクチンを複数回接種しても、個体によっては感染防御レベルまで免疫が上昇しない場合もあるので、
状況によっては注意が必要です。また幼齢期以外でもワクチンブレイクの可能性はありえます)

■幼齢期においてワクチンが無効化される生体側の主な要因

(幼齢期におけるワクチネーションについて VMANEWS No.55,2008より)
・高い移行抗体の存在
・免疫力の未熟さ 
・野外ウイルスの感染で免疫抑制状態になっている 
・過度のストレス
・薬剤(ステロイドなど) 
・抗ウイルス状態(感染している動物は、体内でインターフェロンが産生され、抗ウイルス状態になっている。
 この状態でワクチンを接種しても、ワクチンウイルスの増殖が抑制されてしまう) 
・栄養不良や消化吸収不良による免疫力の低下
・その他(遺伝的要因など)
世界的にもワクチンによる病原性復帰の報告はなく、また、糞便中にワクチン由来のウイルスを排泄している
個体と抗体陰性猫を同居させても発症は見られない(排泄されたウイルスに病原性がない=感染性がない)ことが
実験にて証明されており、ワクチンウイルスによる発症はまずないとみてもよいと思われます。
※ワクチンを接種した個体が猫パルボウイルス感染症に罹患した場合には、以下のことが考えられます。
・もともと潜伏感染状態だった(ワクチンを接種することにより免疫が低下して発症)

・ワクチンによる防御が確立する前に、ウイルスに暴露され、感染・発症

結論

パルボウイルス感染症のリスクを最小限にするためは、ワクチン接種と適切な衛生管理が必要であり、
特に多頭飼育環境下においては、接種可能な個体にはすべてワクチンを接種することが重要。
抗体価を調べて完全に感染防御レベルであると確認できた場合を除き、
ワクチン接種済みの個体であっても、疑わしい症状を呈する場合には、注意が必要である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする